妊活で高額医療費は回避

結婚して2年、そろそろ子供が欲しいという話になり、妊活を始めました。しかし、1年間待ちましたが、なかなか子供を授かる事が出来ません。

生理も順調に来ているし、タイミングを計って妊活しているのに、時間が経っても妊娠しないんです。

病院に行こうかと思いましたが、その前に民間療法を試してみようと、考えました。授かりやすい身体になるという漢方を飲んだり、サプリを飲んでいました。

すると、冷え性が無くなってきて、体調がすこぶる快調に。生理の時も生理痛が緩やかで、なんとなく妊娠への自信が湧いてきたところ。

ようやく、努力が報われるタイミングがやってきた。妊活を始めてから2年経ったころの事。おかげで、高額な医療費を払わずに済んだ。

まずは、そうした体質改善から始めて良かったです。もう少しして、妊活の効果がなかったら、おそらく病院に行っていたと思います。

まだ30代前半で、出来やすい身体だったというのもありますが、漢方やサプリの効果も、絶対にあったと思う。