部屋探しのポイントを考え助力願う

今日は何の用ですか?アインツェ。「う、うん。実は…部屋探しのポイントを考えて、手伝だってくれ!」そうか、ドワーフの貴女も物件を求めるわけね。世知辛い世の中です。

「いや、僕が世間回りたいだけで、決して里を出だされたわけじゃ…」本当に?脚色無し?「えと…すまん。ちょっと嘘があります。本当は未熟でダメ過ぎ、修行せよと…」

ふふ、それで部屋探しのポイントを考えよと?「お願い!手伝ってくれ!人間の知り合いは、ランシェしか居ないから…」勿論。ただ、その…既に先客が何人かあり、我が家は満員でございます。

「え、別に僕はお金あり、大丈夫だけど。一人暮らしの予定だから、部屋探しのポイントが必要なんだ。誰居んの?何人?」じゅ…「じゅ?」10人位。

「そんなにルームシェア!?大豪邸だね!」いえ、6畳2間の狭いお家。エルフやら家出少女や、ゴブリン娘など色々招待すれば、こんな結果に。

「凄い面子だね…、部屋探しのポイントを考え、すぐに開始した方が楽そう」皆さん喧嘩ばかり…私が外へ出て寝る始末。どうすれば!「えー、わからんよ」